Zigemi & Sunshine's OZ Life 〜オーストラリア生活不便利帳〜 [home] [about] [gallery] [bbs] [diary] [mail] [link] [back]

HOME出産体験談(目次)>フラットさん & アレックス君 出産体験談

■フラットさんの出産体験談

■産院・保険・費用などについて
ハンドルネーム フラット & アレックス
ホームページ 豪州田舎珍日記
地域 VIC
出産日 2005年12月23日
産院や妊婦検診として利用した施設 Geelong Hospital(公立病院)
Midewife clinick
出産の形態 無痛分娩から緊急帝王切開
利用した保険 メディケア
かかった費用 公立病院なのでただでした
[HOME]   [INDEX]   [TOP]  
■妊娠中について
●妊婦検診の方法(施設、時期、回数、費用など)
Midewife clinic
4週ごとの検診が11回、週2回の検診が1回
●妊婦検診の基本的な内容
血圧検診、尿検査、おなか回りの測定
●妊娠中の検査
 妊娠がわかった時点で、もろもろの諸検査をしました。 その後妊娠28週目前後で、、糖を図る検査 32週目前後で、膣の中を調べる検査がありました。 検査はすべて、Pathologyで行い、費用は無料でした(メディケアでカバーされていた為)
●妊娠中のできごと
 マタニティーブルーといわれて、カウンセラーとともにマタニティーブルーを克服しようと思っていましたが、 うつ病と診断され現在も、カウンセラーに通っています。
●ペアレンツクラス
 ペアレンツクラスに、夫と参加して、日本との違いに毎回「カルチャーショック」を受けていました。
[HOME]   [INDEX]   [TOP]  
■出産について
●産院にいったきっかけ
 2005年12月22日は朝から、気が立っていて、夜になってもその気分は変わらず、中々寝付けず、ラウンジで図書館で借りたDVDを、観終わって、「寝とかないとなぁ」と思い、寝室で横になっていると破水らしきものを感じました。
●入院から分娩まで
 「破水」だと感じた私は、夫に「破水したみたい」と伝えると、「破水はかなり水が出るよー」と信じてくれなく 私は、流れる量の少ない破水もあるのだと夫に説明して、Barthing suiteに直行。 部屋に通され、「23日は妹達が日本から来るのに」と彼に話すと、「心配しないでどーにかなるから」と彼が励ましてくれました。

 「無痛分娩」を希望していた私達。すぐにエピジュールの準備をするのかと思ったら、先生が忙しいらしく、5分間隔にくる 陣痛に苦しみながら、その合間を縫って、妹達に私が、迎えにこれない理由を手紙に書いて渡しました。 深夜12時に、病室に入ってからすでに3時・・・。陣痛はますます酷くなり、「笑気ガス」を使用するよう、散々助産婦に言われて、使っていたが まったく効き目がなくて、すでに切れに切れている私。 やっとエピジュールをしてくれる医師が到着。 私の陣痛の合間に、処置をしている。ダンナはエピジュールの針が通るのを見ていて、気分が悪くなったのか、トイレにはきにいった。

 エピジュールの処置が終わり、痛みが緩和してきて、時計を見ると朝6時半。妹達はメルボルン空港に8時に到着。 夫は私を一人にできないと思い、義母の所に電話をして、彼女が来るまで待って、空港に向かった。 エピジュール後の私は、まったく違う自分になっていて、助産婦や義母にジョークを言う余裕も出てきた。 夫は10時にまた、病室に戻り義母と交代。その後も雑談をしながら、「その時」がくるのを待っていた。

 しかし、最初の頃は「大きいもの」がもよおしてくる感覚があったのに、11時ごろになるとその感覚もなくなっていった。 子宮口は9cmから開かず、医師が「陣痛促進剤」を使うといい、12時まで待ったが、子宮口は開かず帝王切開になった。

●出産!
 12時半に、帝王切開をするべく処置をしてくれる、病院スタッフ。私はすでに疲労と眠気で意識が朦朧としていて、なすがままである。 ダンナも立ち会うべく、着替えて手術室であう。(オペルームをこの時、Theaterというのだと知りました) クリスマスが近いので、クリスマス柄のヘアハット・・・。わらかしてもらいました。 何か処置をされているのはわかるが、何をされているのかはわかりませんでした。

  「産まれたよー」「男の子ー」と言われ、だんなが先にわが子に対面。私は早く子供に会いたくて仕方がなく、気が焦るばかり。 3590gのわが子をこの胸に抱いた感動は今でも忘れられません。
●入院中
 帝王切開だったので5日間でした 最初の日は、道尿されていたので、動けなく2日目からシャワーを助産婦に助けてもらいなが身体をさっぱりさせました。 退院までの4日間は、赤ちゃんの世話、血圧、体温検査、血栓を避けるための注射を毎日されました。
●出産に関するトラブル
 私は、前駆陣痛で一度バーススウィートに行き、「子宮口が3cm開いている」といわれたのだけれど、翌日痛みもなくなり、家に帰されました。これが出産日の10日前の事です。 その時、助産婦からは「子宮口が開きにくいかもね」といわれていました。 本当は、1月2日が出産予定日で、それにあわせて妹家族が、産後の手伝いに来てくれるはずだったのに、妹家族がつく当日に生まれ、「むかえにいけない」とあせっておりました。
●感想やプレママさんへのアドバイス
 マタニティ服は、日本のもののほうが優秀でした。また腹帯でしめるという感覚のないオーストラリア、 腹帯やマタニティコルセットがなかったので、日本から送ってもらいました。おなかが大きくなるにつれて コルセットでおなかを支える事は、動く時におなかが固定されて動きやすかったです。
[HOME]   [INDEX]   [TOP]   [BACK]

Copyright 2005-06(c)zigemi.All rights reserved
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO